top of page
  • miya-kei

「冷え」対策・近道はコレ・

せいかつ大切なのは「血流」です。

体の中で最も熱を生産するのは筋肉。筋肉で作られた熱を全身へ運んでいるのが血流です。

運動不足で筋肉が衰えると熱を生産しにくくなります。

また、筋肉は血液を流すポンプの役目もしています。従って運動の習慣は大切です。


胃腸虚弱からくる冷えもあります。冷たい飲食、暴飲暴食などで、胃腸の働きが弱ると、栄養が取り込めない状態になり、「冷え」を招く一因となります。


また、夜型生活で体内時計が狂うと、昼間の日中の体温が上がりにくくなります。


ストレスは、血管を収縮させ血流が悪くなると共に「冷え」を招くと共に、ホメオスタシスのバランスを司る

「視床下部」にも悪影響を及ぼします。


日頃、ミヤノ薬局が提案している「血流改善」「食事のバランス」「生活のリズム」「ストレス対策」といった点は

「冷え対策」強いて言えば、健康生活を送るための近道です。

生活習慣を整え、ホメオスタシスが正しくはたらくための生活を心がけ、自分に投資してみませんか?


店頭では、具体的な生活習慣のアドバイスもおこなっています。

血液が生まれ変わるのが28日として、体質を変えるのに100日。自分に投資をして生まれ変わるのもいいかもしれませんね。

他店で扱いのない漢方や細胞賦活用剤、カルビタ療法、あなたの症状にあった体質改善法をチョイス致します。


詳しくは、店頭でお気軽にお尋ねくださいね。

新所沢駅東口徒歩1分ミヤノ薬局より

最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comments


bottom of page