top of page
  • miya-kei

かくれ脱水


脱水症前段階のことです。

気づきが遅いと命も危険。

体内の水分が体液の3%以上失われている脱水症では、めまいやたちくらみ、失神などの症状が出てきます。

一方、その手前の体液水分が1から2%減少した、いわゆるかくれ脱水の段階は、無症状で、口渇を感じるようになると、すでに、脱水症へと進行している可能性があります。

さらにすすむと、汗をかきづらくなり、身体の熱が対外に放出されないため、熱中症の症状が出現します。


*かく脱水になりやすい人は?

新生児~小児  高齢者


*かくれ脱水のチェック方法

自分の手の甲をつまみあげ、すぐ離します。つまんだ跡が消えるまでに、3秒以上かかった場合にはかくれ脱水の可能性があります。


*かくれ脱水で起こりやすい症状

口渇をかんじていなくても、脱水を進行すると、次のように症状があらわれることがあります。

  1. 皮膚が乾燥し、カサつく。

  2. 口の中がねばつく、渇く。

  3. 便秘(下剤を使う頻度が増えた)

  4. 皮膚の張りがない。

  5. 足のむくみ

  6. 集中力の低下(イライラ・眠たい)

  7. 冷たい飲食を欲しがる。

*かくれ脱水の対策

◎水分補給:「量」1時間に1回コップ一杯の水をゆっくりのむ。

「タイミング}就寝前・入浴前・1時間に1回コップ一杯の水。

「種類」カフェインやアルコールはダメダメ!無色透明無味無臭の水がgood!

◎軽い運動

筋肉を動かすこと。とくに、お尻や太ももふくらはぎなど下半身を動かす運動により、筋肉を効率よく使う。


かくれ脱水が進行したときの対策?

こまめな水分補給や日々の運動が大切です。

ちなみに私は97歳の母には、毎朝500mlのペットボトル3本の水をのむ約束しています。

本人は牛乳200mlも服用。煎茶も飲むと・か!



最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

コメント


bottom of page