top of page
  • miya-kei

ひどい生理痛も足湯で解消‽

更新日:2023年5月21日


生理前にゆっくりと入浴して、血行を良くしておけば生理痛予防になります。


生理痛には足湯が効果バツグンです。


  1. バケツに42~43度のお湯を入れる。(足の冷えてる人は熱く感じます。気をつけてください。その後すぐに、なれて、ぬるく感じますよ)

  2. ひざ下10cmぐらいまでを、椅子に座って浸します。図の様に

  3. あらかじめポットに熱い湯を用意しておいて、熱さに慣れたらお湯をたして44~45度まで温度を上げます。

10~20分で足ばかりか全身がポカポカし、汗ばみます。夏は短時間、冬は体が冷え切っているので、長時間かかります。血行不良による腰痛にもよく効きます。

大根足のようにむくんでいる人もお試しください。

お湯に浸かっている足は真っ赤になります。


日曜日など、時間をたっぷりとってなさることをおススメいたします。

この先梅雨の時もおススメ致します。


下腹がグズグズと温まったら、まずは成功です。

一滴残らず水分をふきとり、汗をかいている肌着も取り替えましょう!

冬場はくつ下も履きましょう。

水分をたっぷりと補給してください。おしまい!


ご質問にお答えします!

新所沢駅東口徒歩1分 ミヤノ薬局へご連絡ください!





最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comments


bottom of page