top of page
  • miya-kei

ふみ子物語 酷暑バージョン

更新日:2023年7月30日




大正15年生まれの私の母の最近の様子です。「 暑いのに頑張ってるね!」と言いますと、

真剣に、真面目に自分のために頑張っているそうです。

「今日は暑いから」、とか 「夕べ寝不足だから」と、いって、ダラダラとしている若い人達

この97歳を見習いましょうね!

水1日1.5リットル

朝一番の空腹時にカルビタ療法を:タチカワ電解カルシウム30ccとビタモ液10ccのミックス服用。


これが、骨を強くしたり、姿勢を正したり、頭をシャープにしたりするのです。

食欲も衰えません。

素晴らしいですよ。我が母とは、思えないですワ‼!


注目!この母は体が弱かったので、長生きできないと言われ60歳以上は無理!

たしかに、其のころは、しょうゆとソースを間違えたり、鬱っぽく3泊4日で寝込んでしまって、

飲まず食わずで、返事もしない人でして、同居人の家族としては、本当にどうしてあげたらよいのか悩む日々でした。

そうしたころ、出会ったのがこのタチカワ電解カルシウムとビタモ液でした。

四十肩.腰痛なども患っていたところが、全て治りました。

体調も良くなり、鬱っぽいのも治ったので、本人はすっかり気に入り現在も35年間も服用しております。

その結果として、10歳は若づくりに見え、自分のことは、自分でできるおお年寄りになりました。

毎日「有り難い!有り難い!」と連発しております。~ふみ子の日記より~


最新記事

すべて表示

梅雨から夏の消化器症状に用いられる漢方

梅雨から夏にかけて、湿度が高くジメジメとした季節は「湿邪」の影響を強く受けると言われています。 五行説では、湿による影響を最も受けやすい五臓は「脾」とされていることからも、この季節は、 食欲不振、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状がお起きやすいと考えられます。 五臓六腑では、「脾臓」ー「胃」-「口」 ミヤノ薬局が年間を通して申し上げている夜パジャマですが、胃腸が弱い人は薄生地の長袖長ズボン着用して下さ

時々、お粥さんを!

1か月に2~3回はお粥さんを! 1合のお米に3合分のお水で、66分で炊き上がり!一口いただいては、 「あーあー、日本人に生まれてよかったねー」と思う瞬間です。 炊飯器での炊き方は楽ちんです。 コメ1合 30分おいてください。 炊飯器では、おかゆを選択➡スイッチオン➡66分➡炊き上がりで塩を少々 おかゆのおかずはトッピングに、梅干し・のり佃煮・シソみそ・たいみそ等々 薄味の味噌汁・しゃけまたはカレイ

季節の変わり目は要注意!不調を予防する3ポイント

加齢に伴って、不調に気づかなくなる。 皮膚や内臓の感覚は、加齢に伴って鈍くなっていきます。 暑さや寒さ、のどの渇き、空腹、便意などの様々な感覚に気づきにくくなっているのです。 更に体力や免疫力なども少しずつ衰えていきます。 本人が気付かないうちに、脱水症や低栄養などに陥ってしまうケースも珍しくありません。 高齢者の方には、不調に気付かないまま、何となく不機嫌になったり、怒りっぽくなったりすることも

コメント


bottom of page