top of page
  • miya-kei

オパールRⅢ・ふつう肌使用・肌レベル1

創業1926年、古くから親しまれ今に伝わる和漢植物と、生活に広く愛用されるハーブのエキスが、長時間発酵・熟成されて、ひとつになり、柔らかな潤いが肌にそっと行き渡ります。東洋の教えに着目。


肌に合った薬用オパールRⅢのご使用法

ふつう肌の方:肌レベル1とします。

専用コットンにたっぷりとしみこませてください。

洗顔後、すぐに。コットンにたっぷりとふくませます。あご・おでこ・鼻筋から目のまわり・・・

最後に顔の中心から耳・あご・首の方向に優しくふき取るように使います。


たっぷりとは、わたしは、コットン3枚合わせに含ませます。

気合の入らない日は2枚あわせです。クルクル、くるくるふきます。私の


最後は胸の谷間、わきの下、二の腕すべてをふきます。

一日の疲れがすっきりストレスまでも取れる気がします。

一日の最後の行事です。



薬用オパールR3Ⅲをご使用の後に、ご自身使用お手持ち化粧品を使ってください。


最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comments


bottom of page