top of page
  • miya-kei

健康ごはん・食事を楽しんでいますか?


健康的な食生活をしたいという人が増加中です。

簡単で、栄養バランスもよく、しかも美味しい食事作りのポイントを押さえておきましょう。


お悩みQA

Q 健康的な献立を考えるのが難しい!

  A 冷蔵庫の中身チェックからはじめて、賞味期限の近い食材をとりだしましょう。

    それをベースにタンパク質と野菜を取り入れればオーケーですね。👌かんたん!


Q 料理を作るのが面倒くさい

  A 缶詰やレトルト食品を上手に活用。以前にも増して種類が豊富!ありがたいです。


Q 献立のレパートリーが少ないは

  A 具材やだし、調味料を変えてみる。いつもは選ばない具材やだし、調味料をためしてはいかがでしょうか     鍋なら、肉・魚・キムチ、豆乳、海鮮など具材やだしを取り替えるだけでも、新しい料理に!

    ご飯、ラーメン、うどんもこちらも好き好きに。


Q 一人分を作るのが難しい

  A 少量パックの食材で無駄をなくす。なべを小さくする。


Q 塩分を控えめにすると美味しくない

  A 量や回数を減らして減塩。例えば、ふつう味にして、みそ汁は量を半分に、飲む回数を減らすこと。


Q 年代別食事のポイントは?

  子供世代::栄養が偏らない食事:成長期にあるこの時期の食事の撮り方が、心身の発       育に大きく影響です。18才まで、骨は、成長します。この時期までにカルシウムイオンを沢山摂取すると、骨もできますし、成長ホルモンも正常に。つまり、生理痛も生理不順も解消するのです。将来の不妊症も回避されるのです。この10だいが大切です。

        この時期に偏食があれば、それも治しましょう。


  若者世代::食がおろそかになる。「生活環境が変わるなどして食が乱れやすくなる。」自分で食 事を作ることができる人はgood! そのまま、頑張ってくださいね。身体の丈夫さを過信しがちです。

規則正しい食事を心がけて!

  昔、「芸は身を助ける」と言いましたけれども、料理が出来るということは、そのくらい大切なこ   とです!


  中高年::基礎代謝が少なくなっているのに、若いころと同じ量を食べていると肥満や成人病に。

        生活習慣病のリスクがアップ。


高齢者:タンパク質もしっかりと

    エネルギー必要量は若い人より低くなっていますが、タンパク質やビタミン・ミネラルは若い人と変わらない量が必要です。年寄り体型になりたくない人は是非!そして、筋肉を落としたくない人も是非! つまり、

最後まで自分の足で歩きたい人はしっかりと食べること。

フレイル予防、サルコペニア予防にしっかり取り組みましょう。


ミヤノ薬局談

ミヤノ薬局には、今年97歳になる母がおりますが、非常に元気にしております。

脳も爽やかで、私よりも賢いような!毎日楽しそうですヨ!

最新記事

すべて表示

腹が凹む!

腹が凹む7つの習慣 1.座るときは、坐骨で坐る。姿勢をかえるだけで、お腹は凹む。 2.肩甲骨を立てて寄せる。デスクワークに夢中だと、前かがみになり、猫背で、肩甲骨が定位置から大きく外れる。 肩甲骨を、本来のポジションへ誘導するとリンクする骨盤もお腹を凹ます傾きに矯正できる。 3.「そのまま食材」をたべる。望むはヘルシーな自炊習慣。タンパク質と腸活食材をすとっく、ラインアップを! 4.食事時間をカウ

頭の疲れにもそう羊角

●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラすると言えます ●キレやすく八つ当たりする 頭が疲れてくると運も悪くなりますね。 「自分はついてない」と落ち込んだり、気持ちにも影響が及びます。 あたまの疲労による判断ミス 頭を使いすぎると、頭が疲れ、思考力が低下して、ミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、運も逃げてしまいます。 つまり

Comments


bottom of page