top of page
  • miya-kei

元気を貯蓄!夏の暑さやレジャーでエネルギーを消耗

夏のつかれやストレスは解消せれていますか。残したままでいると、休んでもまたすぐに疲れてしまって、

元気がでなくて横になりたくなるなどの症状を感じます。


「霊鹿参」は、東洋医学で、生命活動の根源である「腎」を補う動物性生薬〈鹿じょう〉と元気の源である

〈ひぞう〉を補う〈紅参〉の二味のみを配合した滋養強壮剤です。


日頃から疲れを感じる、普段より疲れやすくなった。

涼しくなって足先や手足が冷えやすいなどの症状でお困りの方にお勧めです。

元気を貯蓄しましょう。秋風がふいて、木枯らしを感じる前に、今です。残暑が残っている間に対策しましょう!

早く!はやく!    84カプセル・168カプセル(84カプセルは店頭在庫あり)


西武新宿線新所沢駅東口徒歩1分 ミヤノ薬局より

最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

春は口内炎!

あなたも、貴女も! 春は口内炎の季節‼ 脾臓ー→胃ー→口 と病は進む。 口内炎で悩む人は胃を守り、調子を整えること! 脾臓を強くする事。 貧血なども、自己チェック> ミヤノ薬局では、先ず亜鉛接種。渡辺オイスターおススメ! ルミンで、免疫力アップ。 漢方を好む方には桂枝五物をチェックしましょう。 季節の変わり目です。 気分は春なのに、身体はいまだ、春になじめず、冷え物の飲食が多い方にはお口にさいんが

Comments


bottom of page