top of page
  • miya-kei

冬はどきどきの多い季節

更新日:1月27日




冬になると、ドキドキが多くなるのは、寒さで体の表面の血管が縮まり、全身の血流が悪くなって、心臓に余計な負担がかかるから。

外出時だけでなく、トイレや浴室との温度差も注意が必要です。


寒い日にどうきを感じたら、漢方薬をおススメいたします。

漢方の働きで、心臓のポンプ機能をサポートし、自律神経のバランスを整え、全身の血流を改善。


漢方 どうき、息切れ、気付けに! 各種 ご予算に応じてご相談です。

救心・霊黄参・霊黄参丸・敬震丹・敬震・回壽仙 等々 難しい名前の漢方薬ですが、大丈夫ですよ!


ご使用の方がおっしゃるには、

日中は思いのほか頑張れて、夜は快眠熟睡です。と、


西武新宿線新所沢駅東口徒歩1分 ミヤノ薬局の薬剤師宮野佳子ミヤノケイコ

最新記事

すべて表示

遂に、うつりました!

確定申告による連日の寝不足と連休中の休日インフルの発熱外来の処方の承りで、ついに自分まで 「声をうばわれて」無声映画のような生活です。 電話対応が一番困るわね!何しろ無声映画。「ア---」も「ウ---」もでない。 声帯が包囲された感じですよ!ウイルスに! 皆さんも気を付けてくださいね。 薄着はまだダメですよ! うちのエアロビクスのインストラクターの先生は、去る小春日和に半袖になられたそうで、その日

花粉症スタート!

春の嵐、春一番からついに始まりました。 敏感な方は、人一倍早く発症している方がありましたが、 大方の方、2月15日からスタート!ですね!! いろんな場面で、情報が発信されておりますが、特に気を付けることは 1.外出前に花粉の飛散量をチェック 2.マスクとメガネで花粉大幅減少 3.ツルツルした素材のアウターを選ぶ 4.髪の毛は帽子でガード 5.帰宅時は玄関を開ける前に上着を脱ぐ 6.起床後、外へ出る

bottom of page