top of page
  • miya-kei

夏こそ 足湯のすすめ!「新所沢駅東口」からお届け!

更新日:2023年5月15日


入浴が筋肉疲労にきくのは、血液の流れがよくなるから。筋肉の代謝が高まり、腎臓を通る血液の量が増す事で尿意も増加。筋肉内の老廃物が早く体外に排出されるのです。


長めの入浴が効果的ですから、40度未満のぬるめのお湯につかります。例えば、

歩きすぎて足が疲れているなら、40度のお湯に全身入った後、43度くらいの熱いシャワーをふくらはぎにあてながら足踏みをします。血行が更によくなり、むくみも取れます。これからの季節、クーラーの中で

1日中立ち仕事の方もお試しくださいませ。


買い物など歩きすぎで、足がだるい時は特に足湯が効果的。


足湯のやり方は、43度ぐらいの熱めのお湯を張ったバケツに、ひざ下10cmくらいまで浸して20分。

冬場は30分以上。全身が温まりすごく楽になります。(図のように)

まず、下腹がぽかぽかとします。こうなるまで時間がかかる人は、相当の冷え性さんです。

その頃からようやく汗がダラダラと額から一気にでます。そうしたら、タオルで汗をキッチリと一滴残らず拭いて、肌着も取り替えてくださいね。汗の処理することが肝心!それで、この足湯は成功ですよ!


新所沢駅東口徒歩1分ミヤノ薬局 より「ひどい生理痛も足湯で解決」は次回のお楽しみに!続き有り!






最新記事

すべて表示

梅雨から夏の消化器症状に用いられる漢方

梅雨から夏にかけて、湿度が高くジメジメとした季節は「湿邪」の影響を強く受けると言われています。 五行説では、湿による影響を最も受けやすい五臓は「脾」とされていることからも、この季節は、 食欲不振、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状がお起きやすいと考えられます。 五臓六腑では、「脾臓」ー「胃」-「口」 ミヤノ薬局が年間を通して申し上げている夜パジャマですが、胃腸が弱い人は薄生地の長袖長ズボン着用して下さ

時々、お粥さんを!

1か月に2~3回はお粥さんを! 1合のお米に3合分のお水で、66分で炊き上がり!一口いただいては、 「あーあー、日本人に生まれてよかったねー」と思う瞬間です。 炊飯器での炊き方は楽ちんです。 コメ1合 30分おいてください。 炊飯器では、おかゆを選択➡スイッチオン➡66分➡炊き上がりで塩を少々 おかゆのおかずはトッピングに、梅干し・のり佃煮・シソみそ・たいみそ等々 薄味の味噌汁・しゃけまたはカレイ

季節の変わり目は要注意!不調を予防する3ポイント

加齢に伴って、不調に気づかなくなる。 皮膚や内臓の感覚は、加齢に伴って鈍くなっていきます。 暑さや寒さ、のどの渇き、空腹、便意などの様々な感覚に気づきにくくなっているのです。 更に体力や免疫力なども少しずつ衰えていきます。 本人が気付かないうちに、脱水症や低栄養などに陥ってしまうケースも珍しくありません。 高齢者の方には、不調に気付かないまま、何となく不機嫌になったり、怒りっぽくなったりすることも

Comments


bottom of page