top of page
  • miya-kei

夏の皮膚トラブル その1


例年、気をつけないと思わぬ皮膚トラブルに見舞われることとなります。

対処法や予防法について知っておくと安心です。


海や山へ行くときは

日焼け止めはタウン用と違うもの・強い日焼け止めを使用しましょう。

夏の日差しを浴びると、肌が赤くなる事がありますね。これが「日焼け」とよばれるもので、医薬用語で

「日光皮膚炎」といいます。強い紫外線により皮膚が炎症を起こし、やけどになった状態をいいます。

通常、紫外線を浴びた数時間後から、皮膚が赤くなります。ひどい時は、水ぶくれが出来たり、頭痛や発熱の症状が

出たりすることもあります。

 日焼けで顔が赤く火照る時は濡れタオルや冷水で患部をひやします。つまり、やけどのお手当と同じです。

それでも、なお熱感やヒリヒリがつづいたり、吐き気や意識障害が出た場合は、お医者さんに駆け込みます。

点滴ですよ!昔、夏の砂浜で、ぐっすり眠ってしまった若者が、救急搬送され、防衛医大で一命をとりとめられました。何と言っても、バカンスにおいては、症状がでるのが、夜なのです!気をつけましょう!


日焼け対策として有効なのは、

  1. 帽子や長袖などで肌をかくす。

  2. 日焼け止めをぬる。日常生活ではSPF値10~30・PAは++。                          海や山など紫外線の強い地域ではSPF値40~50・PAは++++がおススメです。

  3. こまめに塗りなおしてくださいね。


トラブル2・3は続きます。お楽しみに!

新沢駅東口徒歩1分ミヤノ薬局より

最新記事

すべて表示

梅雨から夏の消化器症状に用いられる漢方

梅雨から夏にかけて、湿度が高くジメジメとした季節は「湿邪」の影響を強く受けると言われています。 五行説では、湿による影響を最も受けやすい五臓は「脾」とされていることからも、この季節は、 食欲不振、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状がお起きやすいと考えられます。 五臓六腑では、「脾臓」ー「胃」-「口」 ミヤノ薬局が年間を通して申し上げている夜パジャマですが、胃腸が弱い人は薄生地の長袖長ズボン着用して下さ

時々、お粥さんを!

1か月に2~3回はお粥さんを! 1合のお米に3合分のお水で、66分で炊き上がり!一口いただいては、 「あーあー、日本人に生まれてよかったねー」と思う瞬間です。 炊飯器での炊き方は楽ちんです。 コメ1合 30分おいてください。 炊飯器では、おかゆを選択➡スイッチオン➡66分➡炊き上がりで塩を少々 おかゆのおかずはトッピングに、梅干し・のり佃煮・シソみそ・たいみそ等々 薄味の味噌汁・しゃけまたはカレイ

季節の変わり目は要注意!不調を予防する3ポイント

加齢に伴って、不調に気づかなくなる。 皮膚や内臓の感覚は、加齢に伴って鈍くなっていきます。 暑さや寒さ、のどの渇き、空腹、便意などの様々な感覚に気づきにくくなっているのです。 更に体力や免疫力なども少しずつ衰えていきます。 本人が気付かないうちに、脱水症や低栄養などに陥ってしまうケースも珍しくありません。 高齢者の方には、不調に気付かないまま、何となく不機嫌になったり、怒りっぽくなったりすることも

Opmerkingen


bottom of page