top of page
  • miya-kei

夏の皮膚トラブル その2


紫外線が原因で起こる皮膚炎として、近年注目されているのが「光接触皮膚炎」です。

皮膚についた化学物質と紫外線が化学反応してかぶれが生じるものです。

原因物質として医療用湿布薬の成分が知られています。

光接触皮膚炎でも、皮膚が赤くなったり、はれたり、水ぶくれが出来たりなど、日焼けのような症状が現れます。し

このような症状が出た時はすぐに湿布薬の使用を中止します。

皮膚に湿布薬の成分が残っている少なくとも4週間は、症状のでた部位を、紫外線を当てないようにします。


治療は、ステロイド軟膏です。

しばらくは、衣類などでおおい、肌に直接紫外線が当たらないようにします。

最新記事

すべて表示

新所沢パルコが閉店!

2月29日をもって、40年間続いたパルコが閉店です。 地下総菜、生鮮食品、ちょっと珍しい食料品など、大変お世話になりました。 私は、お店があって、新宿や池袋などにお買い物に行けないので、便利重宝に 使わせていただきました。 GOLDジムも20年ほど通っていました。 近くて、便利でした。 ありがとうございました。 ミヤノ薬局 宮野佳子

遂に、うつりました!

確定申告による連日の寝不足と連休中の休日インフルの発熱外来の処方の承りで、ついに自分まで 「声をうばわれて」無声映画のような生活です。 電話対応が一番困るわね!何しろ無声映画。「ア---」も「ウ---」もでない。 声帯が包囲された感じですよ!ウイルスに! 皆さんも気を付けてくださいね。 薄着はまだダメですよ! うちのエアロビクスのインストラクターの先生は、去る小春日和に半袖になられたそうで、その日

花粉症スタート!

春の嵐、春一番からついに始まりました。 敏感な方は、人一倍早く発症している方がありましたが、 大方の方、2月15日からスタート!ですね!! いろんな場面で、情報が発信されておりますが、特に気を付けることは 1.外出前に花粉の飛散量をチェック 2.マスクとメガネで花粉大幅減少 3.ツルツルした素材のアウターを選ぶ 4.髪の毛は帽子でガード 5.帰宅時は玄関を開ける前に上着を脱ぐ 6.起床後、外へ出る

bottom of page