top of page
  • miya-kei

帯状疱疹その1

最近急増中。

帯状に水ぶくれが広がる病気です。

水ぼうそう感染後、体内に残るウイルスが原因に。

最近、この病気になるひとが増え、あらためて注目が集まっています。

この病気は、その名のとおり、体に帯状のみずぶれが広がります。


最初は赤い発疹ブツブツとしはいることで、た発疹めんんきでき、その後水ぶくれになりますが、

これらの皮膚症状が現れる数日~1週間ほど前にピリピリと刺すような痛みがでるのが、特徴。


症状は体の左右どちらか片側に限られ、特に出やすい部位は胸や顔。ほかに腕・おなか・太もも・背中など様々。

帯状疱疹は、子供のころに水泡・帯状疱疹ウイルス(vzウイルス)に感染し、水ぼうそうになったことがある人が

発症します。


水ぼうそうが治った後もウイルスは体内に潜み続け、加齢や疲れ、ストレス、病気など何らかの原因で免疫力をが下がったときにウイルスが再び暴れだし、帯状疱疹になるのです。

人生の半ば以降に多く、ピークは70代で、80歳までには、3人に1人がなると言われています。


現在、日本人の成人の約9割にvzウイルスが潜んでいると言われています。

vzウイルスの活動を抑える免疫力は加齢などにより、少しずつ低下しますが、水ぼうそうの子どもの世話をすることで、大人の体にも新たにvzウイルスがはいることで、免疫力が再び強化されます。うれしいね。

最新記事

すべて表示

梅雨から夏の消化器症状に用いられる漢方

梅雨から夏にかけて、湿度が高くジメジメとした季節は「湿邪」の影響を強く受けると言われています。 五行説では、湿による影響を最も受けやすい五臓は「脾」とされていることからも、この季節は、 食欲不振、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状がお起きやすいと考えられます。 五臓六腑では、「脾臓」ー「胃」-「口」 ミヤノ薬局が年間を通して申し上げている夜パジャマですが、胃腸が弱い人は薄生地の長袖長ズボン着用して下さ

時々、お粥さんを!

1か月に2~3回はお粥さんを! 1合のお米に3合分のお水で、66分で炊き上がり!一口いただいては、 「あーあー、日本人に生まれてよかったねー」と思う瞬間です。 炊飯器での炊き方は楽ちんです。 コメ1合 30分おいてください。 炊飯器では、おかゆを選択➡スイッチオン➡66分➡炊き上がりで塩を少々 おかゆのおかずはトッピングに、梅干し・のり佃煮・シソみそ・たいみそ等々 薄味の味噌汁・しゃけまたはカレイ

季節の変わり目は要注意!不調を予防する3ポイント

加齢に伴って、不調に気づかなくなる。 皮膚や内臓の感覚は、加齢に伴って鈍くなっていきます。 暑さや寒さ、のどの渇き、空腹、便意などの様々な感覚に気づきにくくなっているのです。 更に体力や免疫力なども少しずつ衰えていきます。 本人が気付かないうちに、脱水症や低栄養などに陥ってしまうケースも珍しくありません。 高齢者の方には、不調に気付かないまま、何となく不機嫌になったり、怒りっぽくなったりすることも

Kommentare


bottom of page