top of page
  • miya-kei

帯状疱疹その2

帯状疱疹は3週間ほどで、自然になおることもありますが、まれです。悪化のスピードが速いので要注意です。

帯状疱疹と分かったら、1分、1秒でも、治療は早い者勝ちです。

発症後4日ほどで、水ぶくれが、うみの溜まった膿庖になり、6~8日で潰瘍に。このころ、ようやく異変に気づき皮膚科を受診されるのです。が、このだんかいでは、皮膚の損傷が烈しく跡がのこりやすいです。


また、60歳以上の人は特に帯状疱疹が治った後も、神経痛様痛みがのこり、痛いのよ。

さらに、顔や頭に症状が出ると、合併症を起こしやすく、顔面神経麻痺や難聴、脳炎になったり、角膜炎を起こして失明に至ることも。


抗ウイルス薬で治療が可能です。

抗ウイルス薬を1週間服用で治療し、初期に治療をすれば、合併症も防げて、あとものこらず、治るのですが、

帯状疱疹かな?と思ったら、早めの受信が大切です。

皮膚科、内科診療可能です。

痛みが強い場合はペインクリニックも可です。

多忙な現代人には、予防ワクチンもあります。シングリックスというワクチンです。2回接種必要です。


なにわともあれ、予防法は、疲労やストレスなど免疫力が下がる生活習慣を避けることに尽きます。


最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comments


bottom of page