top of page
  • miya-kei

手の痛み!加齢ですか?その1


一過性と軽く考えず、無理に動かさないでくださいね。


少々痛くても、手や指を使わない日々はない。よってひとたび発症すると、治りにくい。

痛むまま放置すると、指の曲がりが悪くなり、やがて動かせなくなることもあります。


ばね指➡ゆびを曲げる際に屈筋が収縮し、手の中を走る屈筋腱が引かれるが、腱が浮き上がるのを抑えるため、要所には腱鞘が配置されている。腱や腱鞘に炎症が起きると、指を伸ばす際に腱が腱鞘に引っかかり安くなり、腱の動きがスムーズでなくなるのです。


ヘパーデン結節とブシャール結節➡

第一関節にできるのがヘパーデン結節で、第二関節にできるのが、ブシャール結節。

2つを併発するひともあります。

進行すると、関節が変形します。

夜、夜中に病むと言う方もいらっしゃいます。


ヘパーデン結節やブシャール結節は関節内部で軟骨がすり減り、骨同士がこすれて骨棘を生じることがある。

(棘とは、なんこつが肥大、増殖し棘状態になったもの。)

これができると、関節をさらに傷つけ、痛み、関節が腫れ、指が曲がっていくこともあります。

変形してしまうと、自然治癒はないので、患部にテーピングを施すとか、なるべく使わないで、腫れが引くのを待つ。ミヤノ薬局のカルビタ療法を始めると、痛みが和らぎ腫れも早く収まりますよ。

最新記事

すべて表示

梅雨から夏の消化器症状に用いられる漢方

梅雨から夏にかけて、湿度が高くジメジメとした季節は「湿邪」の影響を強く受けると言われています。 五行説では、湿による影響を最も受けやすい五臓は「脾」とされていることからも、この季節は、 食欲不振、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状がお起きやすいと考えられます。 五臓六腑では、「脾臓」ー「胃」-「口」 ミヤノ薬局が年間を通して申し上げている夜パジャマですが、胃腸が弱い人は薄生地の長袖長ズボン着用して下さ

時々、お粥さんを!

1か月に2~3回はお粥さんを! 1合のお米に3合分のお水で、66分で炊き上がり!一口いただいては、 「あーあー、日本人に生まれてよかったねー」と思う瞬間です。 炊飯器での炊き方は楽ちんです。 コメ1合 30分おいてください。 炊飯器では、おかゆを選択➡スイッチオン➡66分➡炊き上がりで塩を少々 おかゆのおかずはトッピングに、梅干し・のり佃煮・シソみそ・たいみそ等々 薄味の味噌汁・しゃけまたはカレイ

季節の変わり目は要注意!不調を予防する3ポイント

加齢に伴って、不調に気づかなくなる。 皮膚や内臓の感覚は、加齢に伴って鈍くなっていきます。 暑さや寒さ、のどの渇き、空腹、便意などの様々な感覚に気づきにくくなっているのです。 更に体力や免疫力なども少しずつ衰えていきます。 本人が気付かないうちに、脱水症や低栄養などに陥ってしまうケースも珍しくありません。 高齢者の方には、不調に気付かないまま、何となく不機嫌になったり、怒りっぽくなったりすることも

Comments


bottom of page