top of page
  • miya-kei

手の痛み!加齢ですか?その1


一過性と軽く考えず、無理に動かさないでくださいね。


少々痛くても、手や指を使わない日々はない。よってひとたび発症すると、治りにくい。

痛むまま放置すると、指の曲がりが悪くなり、やがて動かせなくなることもあります。


ばね指➡ゆびを曲げる際に屈筋が収縮し、手の中を走る屈筋腱が引かれるが、腱が浮き上がるのを抑えるため、要所には腱鞘が配置されている。腱や腱鞘に炎症が起きると、指を伸ばす際に腱が腱鞘に引っかかり安くなり、腱の動きがスムーズでなくなるのです。


ヘパーデン結節とブシャール結節➡

第一関節にできるのがヘパーデン結節で、第二関節にできるのが、ブシャール結節。

2つを併発するひともあります。

進行すると、関節が変形します。

夜、夜中に病むと言う方もいらっしゃいます。


ヘパーデン結節やブシャール結節は関節内部で軟骨がすり減り、骨同士がこすれて骨棘を生じることがある。

(棘とは、なんこつが肥大、増殖し棘状態になったもの。)

これができると、関節をさらに傷つけ、痛み、関節が腫れ、指が曲がっていくこともあります。

変形してしまうと、自然治癒はないので、患部にテーピングを施すとか、なるべく使わないで、腫れが引くのを待つ。ミヤノ薬局のカルビタ療法を始めると、痛みが和らぎ腫れも早く収まりますよ。

最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comments


bottom of page