top of page
  • miya-kei

温度差ダメージ

更新日:2023年8月7日

暑い日戸外から冷房の効いた乗り物や建物に入ると汗がひいて、ほっとします。そして、

再び、外へ出ると、冷えた身体に徐々に汗が戻り始め、モヤモヤした気だるさを感じるようになります。

まるで、身体がとブヨブヨと柔らかくなっていく解凍中の冷凍食品になったような気がします。がそんな経験はありませんか?

この手の温度差のダメージは繰り返すほどに蓄積します。


ずーと1日、冷房の中にいらっしゃる方も、大変ですが、冷房の部屋と今年のような灼熱の戸外を、出たり入ったりすると、温度差ダメージで、「気血」が狂い始め、夏バテになります。



温度差ダメージで消耗しがちな「気」を補うのに役にたつ食材は「かぼちゃ」です。

「気」は、血を動かす、汗をかく、身体を温めるなど、夏の元気を左右するエネルギーです。「かぼちゃ」は

ビールやジュース類など冷たいもので冷えた胃腸を整える働きもあるので、少しずつ毎日、食するのは夏バテ対策にも最適です。


有効なツボは

暑さと冷房の狭間で耐えている「気血」を応援するツボです。

だるさが抜けない時は「中衝」:ちゅうしょうを押しながら深呼吸をしましょう。

だるさは、冷えのサインです。

冷房による冷えは、肌から気血を冷やし、汗をかくために必要なエネルギーを奪うので、熱中症にもかかりやすくなります。このツボは、どんなときにも、直ぐに押せます。会議中でも、電車内でも。

中衝ちゅうしょう:中指の爪 人差し指側のななめ下です。

漢方では鹿茸ろくじょうを使います。

ご相談は新所沢駅東口徒歩1分ミヤノ薬局へ  📞04-2993-3559



最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comentarios


bottom of page