top of page
  • miya-kei

秋の乾燥肌


夏の熱中症、秋の乾燥肌、水を飲んでも癒されないドライマウスやドライアイ、これらは、いずれも水分と熱のバランスの崩れが関係しています。


春の若葉はみずみずしく、秋の紅葉は散りゆく様が絵になるほど美しいのですが同じ葉とは、思えぬ変化ですね。

違いは、水分量です。

水分不足、潤い不足は気血の流れにも影響します。


乾燥肌・咳・鼻づまり・便秘などは肌・鼻・肺・大腸の潤い不足による諸症状です。

長引く咳も、乾燥で悪化している場合があります。五臓六腑や粘膜の潤い不足!高齢者の方に多く見受けられます。


1日1日、秋が深まりますよ!

皮膚、粘膜、内臓にも潤いと栄養を!


新所沢駅東口徒歩1分ミヤノ薬局より愛をこめて!

「明日のあなた」素晴らしい!クリームです。只今、サンプルを進呈中!

林原研究所の開発で特許のビタミンcと保湿のトレハロース含有です。

最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comentários


bottom of page