top of page
  • miya-kei

誰かに話したくなる健康や生活の話/骨格と筋肉

更新日:2023年10月26日

骨格と関節

人体の支柱が骨。

その連結部分が関節。


人体は約206個の骨で出来ている。パズルのように組み合わさって体を支える支柱の役目とともに内臓なども守っている。この骨組みを「骨格」と言って、ビルにたとえると、建物の土台となる鉄骨にあたる。

しかしです。人間はじっと立っているビルでなく、常に動いています。その動きをお手伝いしているのが「関節」です。骨と骨の間を関節で連結させることで曲げたり伸ばしたりして、様々な動作を作り出している。


骨の中にも血管が通っている!

骨も新陳代謝を行っているので、酸素や栄養が必要です。内部はスポンジ状で毛細血管がはりめぐされている。

更に、骨の芯の部分(中心)は骨髄と言い、骨芽細胞がうまれ、血液をつくるのです。

しかも、夜睡眠中に、細胞が生まれているので、夜勤の人、受験勉強の人、夜寝ないで遊んでいる人、またインターネットなどで、起きている人は要注意です。良い細胞が生まれないのです。

夜中は、充電期間です。 さあ!早く寝ましょう!



最新記事

すべて表示

時々、お粥さんを!

1か月に2~3回はお粥さんを! 1合のお米に3合分のお水で、66分で炊き上がり!一口いただいては、 「あーあー、日本人に生まれてよかったねー」と思う瞬間です。 炊飯器での炊き方は楽ちんです。 コメ1合 30分おいてください。 炊飯器では、おかゆを選択➡スイッチオン➡66分➡炊き上がりで塩を少々 おかゆのおかずはトッピングに、梅干し・のり佃煮・シソみそ・たいみそ等々 薄味の味噌汁・しゃけまたはカレイ

季節の変わり目は要注意!不調を予防する3ポイント

加齢に伴って、不調に気づかなくなる。 皮膚や内臓の感覚は、加齢に伴って鈍くなっていきます。 暑さや寒さ、のどの渇き、空腹、便意などの様々な感覚に気づきにくくなっているのです。 更に体力や免疫力なども少しずつ衰えていきます。 本人が気付かないうちに、脱水症や低栄養などに陥ってしまうケースも珍しくありません。 高齢者の方には、不調に気付かないまま、何となく不機嫌になったり、怒りっぽくなったりすることも

家庭内感染はバスマットから

この季節にチョット気にしてね! この季節に、水虫患者さんの重症の方が、多くご来店です。 水虫は、白癬菌(真菌と言うカビの一種)によって起こる感染症です。 白癬菌はありふれた常在菌で、足の皮膚や皮下組織を侵食し、かゆみや炎症を引き起こします。 水虫は、3つのタイプにわかれます。 どれも白癬菌によるものですが、 その1角質増殖型:ほとんどかゆみを伴わないため、水虫と気づかず、他人にうつしてしまうことも

Comments


bottom of page