top of page
  • miya-kei

誰かに話したくなる健康や生活の話/骨格と筋肉

更新日:2023年10月26日

骨格と関節

人体の支柱が骨。

その連結部分が関節。


人体は約206個の骨で出来ている。パズルのように組み合わさって体を支える支柱の役目とともに内臓なども守っている。この骨組みを「骨格」と言って、ビルにたとえると、建物の土台となる鉄骨にあたる。

しかしです。人間はじっと立っているビルでなく、常に動いています。その動きをお手伝いしているのが「関節」です。骨と骨の間を関節で連結させることで曲げたり伸ばしたりして、様々な動作を作り出している。


骨の中にも血管が通っている!

骨も新陳代謝を行っているので、酸素や栄養が必要です。内部はスポンジ状で毛細血管がはりめぐされている。

更に、骨の芯の部分(中心)は骨髄と言い、骨芽細胞がうまれ、血液をつくるのです。

しかも、夜睡眠中に、細胞が生まれているので、夜勤の人、受験勉強の人、夜寝ないで遊んでいる人、またインターネットなどで、起きている人は要注意です。良い細胞が生まれないのです。

夜中は、充電期間です。 さあ!早く寝ましょう!



最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comments


bottom of page