top of page
  • miya-kei

身体の保冷剤


あまり暑くなると、身体のなかに保冷剤がほしくなりますね。


漢方の世界ではこの考え方があるのです。私たちには「水」をつかさどる機能、冷却機能は

「腎」にそなわっています。

東洋医学でいう「腎」は、腎臓機能に生殖と身体の維持、活動すべてに関わる生命

エネルギーのコントロールセンターの機能を加えた5臓6腑の1つの臓器です。


「腎」は保冷と保温の両方を受け持っています。

ツボは兪府です。「ゆふ」

探し方は「鎖骨と胸骨の角にあるくぼみ」です。


暑い時にこのツボが隠れている服を着ていると、暑さが倍増し、逆に出ている服のまま冷房の効いた

部屋にはいると、身体のおくまで冷え込みます。


汗は暑さで体温が上昇しすぎるのをおさえるために作られて、発散されます。それに役立つ

食材はきゅうりです。夏野菜の第一人者ですが、唯一

日本にはぬか漬けがありますね。

その時に必要な水分と塩分が供給できることに加え、発酵による絶妙なうまみで、はしが止まらなくなります。


夏場の食欲低下時には、是非ともお試しくださいね。

どうしても、「ぬか漬けができないわ!」言う場合は、浅漬け、一夜漬けがおススメです。

本格的な夏に備えて、「私こそのアイディア」教えて下さい。

ミヤノ薬局 宮野までにお願いします! ☎04-2993-3559

最新記事

すべて表示

梅雨から夏の消化器症状に用いられる漢方

梅雨から夏にかけて、湿度が高くジメジメとした季節は「湿邪」の影響を強く受けると言われています。 五行説では、湿による影響を最も受けやすい五臓は「脾」とされていることからも、この季節は、 食欲不振、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状がお起きやすいと考えられます。 五臓六腑では、「脾臓」ー「胃」-「口」 ミヤノ薬局が年間を通して申し上げている夜パジャマですが、胃腸が弱い人は薄生地の長袖長ズボン着用して下さ

時々、お粥さんを!

1か月に2~3回はお粥さんを! 1合のお米に3合分のお水で、66分で炊き上がり!一口いただいては、 「あーあー、日本人に生まれてよかったねー」と思う瞬間です。 炊飯器での炊き方は楽ちんです。 コメ1合 30分おいてください。 炊飯器では、おかゆを選択➡スイッチオン➡66分➡炊き上がりで塩を少々 おかゆのおかずはトッピングに、梅干し・のり佃煮・シソみそ・たいみそ等々 薄味の味噌汁・しゃけまたはカレイ

季節の変わり目は要注意!不調を予防する3ポイント

加齢に伴って、不調に気づかなくなる。 皮膚や内臓の感覚は、加齢に伴って鈍くなっていきます。 暑さや寒さ、のどの渇き、空腹、便意などの様々な感覚に気づきにくくなっているのです。 更に体力や免疫力なども少しずつ衰えていきます。 本人が気付かないうちに、脱水症や低栄養などに陥ってしまうケースも珍しくありません。 高齢者の方には、不調に気付かないまま、何となく不機嫌になったり、怒りっぽくなったりすることも

Comments


bottom of page