top of page
  • miya-kei

顔色が青白くツヤがない血虚タイプの方へ

マスク着用の制限が緩和され、ますくを外した顔を見せる機会が増えることから

「しわ」や「くすみ」などお悩みの方のフェイスケアへの関心が高まっています
「肌は内臓の鏡」といわれるように、身体の状態は肌にあらわします。

漢方で「血虚」とは:主な症状は?

顔色が青白い、肌の乾燥、めまい、たちくらみ、目のかすみ、

抜け毛が多い、爪が割れやすい、経血量が少ないなど

また、「食事をキチンとたべられない!」

ダイエット中の人にお勧めします。

★ハトムギのしずく「日々うるおい」ハト麦エキス・ローヤルゼリー・ツバメの巣配合

いつまでも若々しくいたい方・乾燥が気になる方・「うるつや」な毎日を手軽に始めたい方 3.300円


★ハト麦のしずく「日々スッキリ」ハトムギエキス・ドクダミエキス・サンザシエキス配合3.300円

くつしたのあとが気になる方

食事の時間が不規則・外食が好き

濃い味付けや脂っこい物が好きな方

全て小太郎漢方医薬事業部より抜粋 新所沢駅東口徒歩1分ミヤノ薬局より

最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

春は口内炎!

あなたも、貴女も! 春は口内炎の季節‼ 脾臓ー→胃ー→口 と病は進む。 口内炎で悩む人は胃を守り、調子を整えること! 脾臓を強くする事。 貧血なども、自己チェック> ミヤノ薬局では、先ず亜鉛接種。渡辺オイスターおススメ! ルミンで、免疫力アップ。 漢方を好む方には桂枝五物をチェックしましょう。 季節の変わり目です。 気分は春なのに、身体はいまだ、春になじめず、冷え物の飲食が多い方にはお口にさいんが

Commentaires


bottom of page