top of page
  • miya-kei

高齢な親との向き合い方 その1


親の老いには戸惑うもの。先ずはお互いを理解することから。

私には、今年97歳になる母親がおります。名を「ふみ子」と言います。

大正15年生まれの寅年です。

職業は看護婦でした。(今は、看護師ですが、昔は看護婦といいました。)

私が薬剤師になった年にやめて、専業主婦になりましたから人生の半分は主婦ということですね。

7年前に亡くなったサラリーマンの父に寄り添い転勤族でした。

富山・岩手・長野・名古屋と言った調子ですが、行く先々でいろんな趣味を楽しんだよう身に付いたものはないようですよ。多趣味のままです。

が、その多趣味のお陰で、只今、週2回のデイサービス通いは楽しくて、お世話になるのが嬉しいようです。

お絵描きあり、木目込み手芸あり、リハビリトレーニングも一生懸命で、先日本人の知らないうちに写真を撮っていただき、家族としては、97歳なのにこんなに一生懸命にしているのね と日頃の本人とデイサービスさんのスタッフ一同に感謝申し上げております。

97歳ですが、ボケていなく、シャープなんすよ!

6か月毎のデイサービスセンターでの老人のテストも満点か1個の間違いだけのようですよ。


よく「どうしたら、普通に元気でいられるの?」とか

「ボケないで、元気なの?何を食べてるの」

と聞かれるようですよ。


では、この続きは次回に!

新所沢駅東口徒歩1分ミヤノ薬局より、「ふみ子物語」その1でした。





最新記事

すべて表示

新所沢パルコが閉店!

2月29日をもって、40年間続いたパルコが閉店です。 地下総菜、生鮮食品、ちょっと珍しい食料品など、大変お世話になりました。 私は、お店があって、新宿や池袋などにお買い物に行けないので、便利重宝に 使わせていただきました。 GOLDジムも20年ほど通っていました。 近くて、便利でした。 ありがとうございました。 ミヤノ薬局 宮野佳子

遂に、うつりました!

確定申告による連日の寝不足と連休中の休日インフルの発熱外来の処方の承りで、ついに自分まで 「声をうばわれて」無声映画のような生活です。 電話対応が一番困るわね!何しろ無声映画。「ア---」も「ウ---」もでない。 声帯が包囲された感じですよ!ウイルスに! 皆さんも気を付けてくださいね。 薄着はまだダメですよ! うちのエアロビクスのインストラクターの先生は、去る小春日和に半袖になられたそうで、その日

花粉症スタート!

春の嵐、春一番からついに始まりました。 敏感な方は、人一倍早く発症している方がありましたが、 大方の方、2月15日からスタート!ですね!! いろんな場面で、情報が発信されておりますが、特に気を付けることは 1.外出前に花粉の飛散量をチェック 2.マスクとメガネで花粉大幅減少 3.ツルツルした素材のアウターを選ぶ 4.髪の毛は帽子でガード 5.帰宅時は玄関を開ける前に上着を脱ぐ 6.起床後、外へ出る

bottom of page