top of page
  • miya-kei

高齢者(ご老人)と栄養

こんなに物が豊富なのに、ご高齢者の栄養失調が発表されています。

一昔前は、若者のインスタントラーメン・スナック菓子の多食などが問題でしたが、

昨今は、飽食時代の栄養失調ですよ。

一人暮らしの方・歩行が難しく買い物に行けない人・等々


食事を3食きちんと食べない→筋肉がドンドン落ちる→立てなくなる→買い物に行けない→キッチンに立ってご飯をつくれない→結果あんぱんと少々の缶詰食→栄養失調→持病悪化・血液検査正常値以下→結局日常生活不能→救急車

歩行困難・便秘・転倒し、結果寝たきり・リハビリ病院へ入院です。


公共に支援を求めるでもなく、ご近所と会話することもなく、現代の盲点ですね。

遂に、救急車出動!  近所騒然で、はじめて、家の中のことが理解できました。

親戚筋に問うと、他人を家に入れることが、イヤなのだそう!

アンパンと鯖缶少々で、血糖値はハイ数値・あとの数値は正常値以下で栄養失調なり!


「「食は命」なり」「筋肉は死に至るまで作られる」など私の座右の銘です。

こんな本を紹介いたします。


ごめんなさい!紹介したい本は只今貸し出し中です。

戻ってきたら、写真を撮ってご紹介しますね。


西武線新所沢駅東口徒歩1分 ミヤノ薬局 薬剤師宮野佳子

最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comments


bottom of page