top of page
  • miya-kei

汗の意味

更新日:2023年7月28日

日常では、汗をかいたほうが良いことはわかっています。

岩盤浴・サウナ・スポーツジムなどは、いい汗がかけると好評です。

しかし、夏の暑さで、頭がクラクラし、急にたくさんの汗がでてくると、

「アレ、熱中症かな」と不安になり、心臓までドキドキしてきます。

気持ちよくかける汗ならいいのですが、汗の意味は状況次第で変わります。


汗は皮膚にある汗線で作られます。

しかし、東洋医学では、汗の生成は「心」の働きになります。

温度調節のために汗をかき、汗をかくことで、心拍数が上がることからも、

そして 暑さで心臓がドキドキすることからも、「心」が夏の元気を左右していることがわかります。


暑さで動悸がするとき、同時に息切れも起こります。

こんな時は「たいえん」をおさえます。このツボは呼吸を整える働きにすぐれています。

熱中症予防・むくみ・脱水症状など水分代謝の調整にも欠かせないツボです。


ツボ:たいえん(太淵);手のひら側の手首 親指から降りてきたところ,抑えてください。


食材:すいかは夏の食養生としては一口サイズにカットしたものを、頻繁にいただくほうが良いようです。

スイカの性質が「寒」であることで、暑さをさますための汗をかくお手伝いをしてくれます。

いちどきに、ドンと召し上がらないで、ちょこちょこお召し上がりください。効果的です。

最新記事

すべて表示

つらい 気象病‼

ズバリ、気象病とは、分かりやすく言えば、 「天気が悪くなると、具合もわるくなる」ことです。 持病のひざ痛や神経痛が出ることで、天気予報ができる方もいらっしゃいますね。 低気圧が接近してくると、頭痛、めまい、全身倦怠感に悩まされるという話もよく耳にします。最近では、 「気象病」として話題になりますが東洋医学では、「不定愁訴」と言います。(ふていしゅうそ) 東洋医学では、「人」は自然の一部であると考え

頭の疲れに!

頭の疲れがあると、 ●何をやっても上手くいかない ●タイミングが悪い時はイライラする ●キレて八つ当たりをする また、『自分はついていない』とおちこんだり、気持ちにも影響が及びます。 頭を使いすぎると頭が疲れ、思考力が低下してミスを連発してしまいます。 冷静な分析ができない状態を引き起こしている疲れを認めない限り、開運も程遠いと思います。 新しい環境の新社会人、学生の皆さんへ 「今日はついている!

新入社員の皆様おめでとうございます。

新しい環境なのに、緊張すればするほど咳が出て困っていると相談を受けました。 今年の不順な気候にもついていけないのだそうです。 「たん」が喉のおくにへばりついたようで、発作性に強くせきこむものにもちいる。 いろいろのせきどめをのんでも、効かないという人。 咳が出ない時は半時間も1時間も全くでないが、咳が出始めるとあとからあとからひっきりなしに出て、 顔が赤くなるなるほどせき込み、へどがでそうになる。

Comentarios


bottom of page